Parallels Desktop 15% OFFセール中 3月1日までClick!

Parallels DesktopのWindowsでスクリーンショットを撮る方法

Parallels DesktopのWindowsでスクリーンショットを撮る方法

Parallels Desktop上のWindowsでスクリーンショットを撮ろうとして茫然自失する。誰もが一度は経験することです。

なぜなら、Windowsでスクリーンショットを撮るにはPrintScreenキーを押す必要があるのですが、Macのキーボードにはそれがないのです。さあ大変だ。この記事では、Parallels Desktop上のWindowsでスクリーンショットを撮る方法を解説します。

目次

予習: MacとWindowsのスクリーンショットを撮る方法

まずは、MacとWindowsでスクリーンショットを撮るときの基本的な方法を確認しましょう。

Macでスクリーンショットを撮る方法

キーボードショートカット撮影対象保存先
shift+command+3画面全体デスクトップ
shift+command+4画面の一部(範囲選択またはspaceを押して任意のアイテム)デスクトップ
control+shift+command+3画面全体クリップボード
control+shift+command+4画面の一部(範囲選択またはspaceを押して任意のアイテム)クリップボード
shift+command+5
「スクリーンショット」アプリが起動
画面全体、任意のアイテム、範囲選択から選択
画面収録(録画)も可能
選択可能

Windowsでスクリーンショットを撮る方法

キーボードショートカット撮影対象保存先
Windows+PrintScreen画面全体PC/ピクチャ/スクリーンショット
Windows+Alt+PrintScreenアクティブウインドウPC/ビデオ/キャプチャ
PrintScreen画面全体クリップボード
Alt+PrintScreenアクティブウインドウクリップボード
Windows+Shift+S
「切り取り&スケッチ」ツールが起動
範囲選択、ウインドウ、画面全体から選択PC/ピクチャ/スクリーンショット

Parallels DesktopのWindowsでスクリーンショットを撮る方法

方法1: Macのショートカットを使う

Windowsの画面全体を撮影するならば、Macのキーボードショートカットを使うことができます。

Windowsをフルスクリーンで表示しているならばshift+command+3、ウィンドウモードで表示しているならばshift+command+4ですね。このとき、スクショファイルはMacのデスクトップに保存されます。

スクショファイルをWindowsに保存したい場合や任意のウインドウだけを撮影したい場合は、以下の方法2または3を使います。

方法2: Parallels Desktopでショートカットの設定をする

Parallels Desktopの環境設定でショートカットの設定をすると、WindowsのPrintScreenキーを使えるようになります。

Parallels Desktopの環境設定を開いて「ショートカット」タブを選択します。左ペインで仮想マシンを選択し、右ペイン上部で「プロファイル: Windows」を選択します。右ペイン下部の「+」をクリックするとショートカットの設定を追加することができます。

Parallels Desktopでスクリーンショットを撮る方法01

「+」をクリックすると次のようなポップアップが表示されます。

Parallels Desktopでスクリーンショットを撮る方法02

上段でMacのキーボードで押すショートカットキーを設定します。実際にキーボードを押せば設定に反映されます。ここではcommand+3を設定しました。

下段でWindowsのショートカットを設定します。こちらはマウスでクリックして設定します。Win+PrintScreenを設定しました。

以上の設定で、Macのキーボードでcommand+3を押したときにWindowsで画面全体のスクリーンショットを撮る(Win+ScreenShot)ことができるようになりました。

同じように、command+4Win+Alt+PrintScreenを対応させれば、ウインドウのスクリーンショットを撮ることができるようになります。

Mac側のショートカットキーは自由に設定することができますが、Macで使われていないショートカットキーを使用しましょう。

方法3: Windows + Shift + S を使う

Windowsの「切り取り&スケッチ」を起動する方法です。この方法ならばPrintScreenキーは必要ありません。

なお、WindowsのWindowsキーにはMacのcommandキーが対応しているので、command+shift+Sを押せばOKです。以下のようなツールバーが画面上部に表示されます。クリックすればスクショファイルが「PC/ピクチャ/スクリーンショット」に保存されます。

Parallels Desktopでスクリーンショットを当方法03

さいごに

これであなたも推しのスクショタイムでシャッターチャンスを逃す心配がなくなるのではないでしょうか。

でわでわ

Parallels Desktop for Mac

まずは14日間の無償トライアル版を使ってみましょう。

15%OFFセール開催中

Standard/永久ライセンス12,700円
Standard/サブスク10,400円/年
Standard/学割5,200円/年
Pro/サブスク11,700円/年
Pro/学割5,850円/年
Parallels DesktopのWindowsでスクリーンショットを撮る方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね

コメント

コメントする

目次