Parallels Desktop 15% OFFセール中 3月1日までClick!

FreeBSD 14.0でportsnapが削除 Portsツリーを更新する方法

FreeBSDでPortsツリーを更新する方法

FreeBSD愛好家(=変態)のみなさん、おはこんばんちわ。なんと、FreeBSD 14.0でportsnapが削除されました。では、どうやってportsツリーを更新するのか、解説してまいります。

目次

FreeBSD 14.0以降でportsツリーを更新する方法

FreeBSD 14.0以降でportsツリーを更新するにはGitを使います。

Gitのインストール

というわけで、Gitをインストールします。

Ports Collectionがインストールされているならば、以下のようにしてGitをインストールします。

# cd /usr/ports/devel/git
# make install clean

Ports Collectionがインストールされていないならば、以下のようにpkgからインストールします。

# pkg install git

Portsツリーの取得

git cloneコマンドを使って、リポジトリをローカル環境に複製します。数分かかります。

この作業は最初の1回だけ行います。portsnapのport fetch extractに該当します。

# git clone https://git.FreeBSD.org/ports.git /usr/ports

Portsツリーの更新

Portsツリーを更新するには、以下のようにします。cd /usr/ports; git pullと同義です。portsnapのport fetch updateに該当します。

# git -C /usr/ports pull

make updateコマンドを使っても同じことができます。

# cd /usr/ports
# make update

インデックスの取得

リポジトリからインデックスを取得します。インデックスがないとmake searchができません。

# cd /usr/ports
# make fetchindex

現在のPortsツリーからインデックスを作成するには以下のようにします。ただし、とんでもなく時間がかかるのでおすすめしません。

# cd /usr/ports
# make index

cronで自動更新

cronでPortsツリーの更新を自動化しましょう。

5 3 * * * cd /usr/ports && make update fetchindex

さいごに

portsnapが「ポート・スナップ」なのか「ポーツ・ナップ」なのか謎が解けぬまま彼は使命を終えました。アーメン。

でわでわ

FreeBSDでPortsツリーを更新する方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね

コメント

コメントする

目次