【MacでWindows】仮想化ソフト UTM / VMware / Parallels の比較

仮想化ソフトの比較

MacでWindowsを使いたいとか、Linuxを使いたいとか、いにしえのmacOSを動かしたいとか、ワガママばかり言っているのはどこのどいつでしょうか。

というわけで、Appaleシリコン(M1, M2) Macで動作する仮想化ソフトの中で今注目すべき3つのソフトウェア UTMVMwareParallels を比較していきたいと思います。

目次

Macで使える仮想化ソフト一覧

ソフトウェア名UTMVMware Fusion PlayerParallels Desktop
バージョン4.0.913.0.018.1.0 Standard
価格無料個人利用は無償
商用利用は17,985円〜
有料
10,400円〜
Intelチップ対応対応対応対応
Appleシリコン対応対応対応対応
インストールできる台数無制限無制限1台
リソース割り当て無制限メモリ 128GB/vCPU 32個メモリ 8GB/vCPU 4個
Windowsインストールの手軽さまあまあ面倒簡単
CPU性能軽い軽い軽い
グラフィック性能
まあまあ

まあまあ

良い
ホストOSとゲストOSの連携クリップボード共有、共有フォルダなしクリップボード共有、共有フォルダ、ファイルのドラッグ&ドロップ、Coherenceモード
公式サイトUTMVMware Fusion Player

CPU性能とグラフィック性能

UTMVMware Fusion PlayerParallels Desktop
Windowsの起動時間14秒13秒6秒
Cinebench (Multi Core) スコア1920 pts1949 pts1947 pts
Cinebench (Single Core) スコア533 pts537 pts525 pts
DQX ベンチマーク測定不能測定不能とても快適 (スコア 8611)

Windowsの起動時間はParallelsに軍配が上がりました。でもまぁ、十数秒で起動するならばみんな及第点ですよね。

ベンチマークソフト Cinebench のスコアは3つともほぼ同じでした。誤差の範囲ですね。CPU性能に差はありません。これは3つともmacOSに搭載されている仮想化技術を使っているためです。今後も差がつくことはないでしょう。

ドラゴンクエストXのベンチマークソフトが動作したのは Parallels だけでした。これは DirectX に対応しているのが Parallels だけだからと思われます。グラフィック性能は Parallels が頭一つ抜けているのではないでしょうか。なお、VMware は Intel Mac では DirectX に対応しています。

ベンチマークの数字というのは実際の細かな使い勝手をあらわせないので、私がこの3つを使ってみて感じた「軽快さ」を発表します。私の感覚を信じるかどうかはあなた次第です。

Parallels > VMware = UTM

今回紹介しない仮想化技術

Boot Camp

Intel Macで利用可能。AppleシリコンMacでは利用できないため、今後は消えてゆくのでしょう。

VirtualBox

Intel Macで利用可能。AppleシリコンMacに対応する予定はないようです。Appleシリコンに対応したバージョンがリリースされました。今後に期待。

CrossOver Mac / Wine

Windows OS 不要でMac上でWindowsアプリを動かすことができます。仮想化ソフトに比べて動作するアプリが少ない、安定性が劣る。Windows OS のライセンスが不要なのはメリット。

仮想化ソフト別オススメポイント

UTM

お金は払いません(断言)というあなたにオススメします。

オープンソースで開発されている仮想化ソフトです。機能・性能はそれなりです。他の2つにない利点は、ホストと異なるアーキテクチャの仮想マシンをエミュレーションすることができるところです。例えば M1 Mac に Intel版Windows をインストールすることもできます。その場合動作は遅いです。でも、そういう用途ならば UTM 一択です。

VMware Fusion Player

今のところオススメできません。個人利用ならば無料で利用できますが、UTM よりも優れているところが何もありません(辛口)。

VMwareはITの仮想化市場で世界一のシェアを誇る製品です。が、Macのデスクトップ向け製品では Parallels に遅れを取っている感じです。サーバ向け製品に力を入れているようなので、Fusion にどれくらい力を入れてくれるのか不明です。Parallels に追いつくのは難しいし、UTM にすら追いつけないのかもしれません(辛口)。

大企業が開発したアプリを無料で利用できるというのが唯一の利点です(フォロー)。

Parallels Desktop

カネならいくらでも払うぜ(札束ペンペン)というあなたにオススメします。また、Windows でゲームをしたいあなたにとっても唯一の選択肢となります。

有料であるということを除けば、すべてにおいて最も優れているのではないでしょうか。リソースの割り当てもStandardエディションでは「メモリ 8GB/vCPU 4個」ですが、Pro/Business では「メモリ 128GB/vCPU 32個」ですからね。

なんといっても特筆すべきは、Windows のインストールの簡単さです。ワンクリックでダウンロードからインストールまで完了してしまいます。これって合法的なやり方なの?と心配になるほどです。

そして、Coherenceモード。Macのデスクトップ上にWindowsアプリのウインドウが開きます。きゃー、気持ち悪い。14日間無料でお試しできるので遊んでみてください。

でわでわ

仮想化ソフトの比較

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね

コメント

コメントする

目次