Ubuntu 22.04をM1 Macにインストール Parallels編

ParallelsでMacにUbuntuをインストール

M1 Mac上のParallels Desktop 17 for MacUbuntu 22.04をインストールします。

チェックポイント(藤井一子)
  • Parallels Desktop 17に標準で組み込まれているインストール方法だと、Ubuntu 20.04がインストールされてしまう。最新版のUbuntu 22.04をインストールしたい!
  • 妥協してUbuntu 20.04をインストールしてみたけど、日本語化するために言語をインストールする過程で404エラーが発生。クソがッ(育ちが出る)。だからUbuntu 22.04をインストールしたい!
  • 次期バージョンのParallels Desktop 18ではおそらく簡単にUbuntu 22.04がインストールできるようになると思うけど、待ちきれない!

というわけで、M1 Mac上のParallels Desktop 17 for MacUbuntu 22.04をインストールします(再)。

環境
  • Mac mini (M1, 2020)
  • macOS Monterey
  • Parallels Desktop 17 for Mac
  • Ubuntu Server 22.04 LTS for ARM (のちにDesktop化)
目次

Ubuntuのダウンロード

まず、Ubuntuのインストールディスクイメージをダウンロードします。

今回、Ubuntu Desktopをインストールしたかったのですが、Ubuntu DesktopのインストールディスクはAMD64版のみでARM版はありません。なので、Ubuntu Server for ARMをインストールしてからDesktop化するという手順になります。

AMD版とARM版の違い

一応説明しておきますが、AMDとかARMとかいうのはCPUのアーキテクチャの種類です。

AMD(x86, x64)はインテル社またはAMD社が開発したCPU、ARMはARM社が開発したCPUのアーキテクチャ名です。

Appleシリコン(M1, M2)はARMアーキテクチャを使用したCPUなので、この記事ではARM版のOSをインストールします。Intel Macならば、AMD版のOSをインストールしてください。

では、Ubuntu Server for ARMのダウンロードページに行って、ISOファイルをダウンロードしてください。

仮想マシンの作成

すでにParallels Desktopがインストールされている前提で進めていきます。まだの場合は下記の記事を参考にインストールをしてください。

STEP

Parallels Desktopを起動して、メニューの「ファイル > 新規」を選択します。

仮想マシンの作成01
STEP

CPUのアーキテクチャに関する小言が表示されるので[続行]をクリックします。

仮想マシンの作成02
STEP

「DVD/イメージファイルからWindows/その他OSをインストール」を選択して[続行]をクリックします。

ここで左下の「ダウンロード Ubuntu Linux」を選択すると20.04のインストールになってしまいます。

仮想マシンの作成03
STEP

先ほどダウンロードしておいたインストールディスクイメージ ubuntu-22.04-live-server-arm64.iso を選択して[続行]をクリックします。

ISOイメージを手動で選択しなくても、勝手に見つけ出して表示してくれます。どこに置いていてもです。便利だけど、お前のMacの中身はすべて把握しているぞと言われているようでちょっと怖いですね。

仮想マシンの作成04
STEP

仮想マシンの名前と保存先を設定して[作成]をクリックします。

仮想マシンの作成05

Ubuntuのインストール

Ubuntu Serverのインストール

STEP
インストールの開始

「Try or Install Ubuntu Server」を選択して、enterします。

以降、 キーで項目の選択、enter キーで決定です。

Ubuntu Serverのインストール01
STEP
Welcome!

言語を選択します。日本語がないので英語にしました。なぜ日本語がないんでしょうね。対応している言語が偏ってる気がします。下5つが全部ロシア語に見えるのは私だけでしょうか。

Ubuntu Serverのインストール02
STEP
Keyboard Configuration

キーボードの設定です。LayoutはJapanese、VariantはJapanese(Macintosh)を選択しました。

Ubuntu Serverのインストール03
STEP
Choose type of install

「Ubuntu Server」を選択して[ Done ]します。

Ubuntu Server
The default install contains a curated set of packages that provide a comfortable experience for operating your serever.
デフォルトのインストールには、あなたのサーバーを快適に操作するための厳選されたパッケージが含まれています。
Ubuntu Server (minimized)
This version has been customized to have a small runtime footprint in environments where humans are not expected to log in.
このバージョンは、人間がログインすることを想定していない環境において、実行時のフットプリントが小さくなるようにカスタマイズされています。

Ubuntu Serverのインストール04
STEP
Network connections

ネットワークの設定は、そのままでOK。

Configure at least one interface this server can use to talk to othes machines. and which preferably provides sufficient access for updates.
このサーバーが他のマシンと通信するために使用できるインターフェイスを少なくとも1つ設定し、更新のための十分なアクセスを提供することが望ましい。

Ubuntu Serverのインストール05
STEP
Configure Proxy

プロクシの設定。そのままenterです。

Ubuntu Serverのインストール06
STEP
Configure Ubuntu archive mirror

Ubuntuのパッケージをダウンロードするときのミラーサイトの設定です。日本のミラーサイトが設定されているので、そのままでOKです。

Ubuntu Serverのインストール07
STEP
Guided storage configuration

ストレージのパーティションの設定です。今回はパーティションを切りません。そのまま[ Done ]です。

Ubuntu Serverのインストール08
STEP
Storage configuration

ストレージの設定の概要が表示されます。問題なければ[ Done ]します。

Ubuntu Serverのインストール09a

確認が表示されるので[ Continue ]します。

Selecting Continue below will begin the installation process and result in the loss of data on the disks selected to be formatted.
下の「続ける」を選択すると、インストール処理が開始され、フォーマットするディスクのデータが失われます。
You will not be able to retur to this or a previous screen once the installation has started.
インストールが開始されると、この画面または前の画面に戻ることはできません。
Are you sure you want to continue?
本当に続けますか?

Ubuntu Serverのインストール09b
STEP
Profile setup

ユーザを作成します。サーバ名は何でもOKです。ユーザ名とパスワードはこのUbuntuにログインするためのものです。

Ubuntu Serverのインストール10
STEP
SSH setup

SSHの設定です。SSHを使う場合は「Install OpenSSH server」にチェックを入れて[ Done ]します。

You can choose to install the OpenSSH server package to enable secure remote access to your server.
サーバーへの安全なリモートアクセスを可能にするために、OpenSSHサーバーパッケージをインストールすることを選択することができます。

Ubuntu Serverのインストール11
STEP
Featured Server Snaps

おすすめのパッケージ的なものが表示されます。何も選択せずに[Done]します。

Ubuntuのインストール12
STEP
Installing system/Install complete!

インストールが始まります。終わったら[Reboot Now]します。

Ubuntuのインストール13
STEP
ログイン

ログインプロンプトが表示されるので、STEP10で設定したユーザ名とパスワードでログインします。

Ubuntuのインストール14

デスクトップ環境のインスートールに続きます。

デスクトップ環境のインストール

STEP
インストール

仮想コンソールにログインして、次のコマンドを実行してください。1行目がパッケージ一覧の更新、2行目がデスクトップ環境のインストールです。

ここがトイレタイムになります。5分くらいかかるので大でも大丈夫です。

$ sudo apt update
$ sudo apt -y install ubuntu-desktop
STEP
ログイン

スッキリして戻った頃にはインストールが完了していますので、Ubuntuを再起動してください。GUIのログイン画面になりましたね。

デスクトップ環境のインストール02
STEP
Help improve Ubuntu(Ubuntuの改善に貢献する)

ログインすると、Ubuntuの改善に協力してくれと懇願されるので、YesかNoを選んで[Next]をクリックします。私はいい人なのでYesにしました。

Ubuntu can report information that helps developpers improve it. This includes things like the computer model, what soft ware is installed, and the approximate location you chose (Etc/UTC).
Ubuntuは、開発者がそれを改善するのに役立つ情報を報告することができます。これには、コンピュータのモデル、インストールされているソフトウエア、選択したおおよその場所(Etc/UTC)などが含まれます。

デスクトップ環境のインストール03
STEP
Privacy(プライバシー)

位置情報サービスを有効化するかどうかです。何らかの理由で逃亡中の方は念のためオフに。

Allows applications to determine your geographical location. An indication is shown when location services are in use.
アプリケーションによる地理的な位置の特定を可能にします。位置情報サービスが使用されているときは、その旨が表示されます。

デスクトップ環境のインストール04
STEP
You’re ready to go!(準備完了!)

[Done]をクリックして完了です。

デスクトップ環境のインストール05

インストール後のモロモロ

Parallels Toolsのインストール

UbuntuにParallels Toolsをインストールします。Parallels ToolsはMacと仮想マシンとの間のやりとりを便利にするためのツールです。

Parallels Toolsの機能
  • マウスの同期
  • 時刻の同期
  • ドラッグ&ドロップが可能
  • クリップボードの同期
  • 解像度を動的に変更
  • 共有フォルダが利用可能
  • Coherenceモードが利用可能
  • Macのデスクトップ、ピクチャ、書類、ダウンロード、ミュージックおよびビデオを共有可能
  • Macに接続されているボリュームを利用可能
  • プリンタの同期
STEP
インストールCDの接続

仮想マシンを起動している状態で、Macのメニューの「処理 > Parallels Toolsのインストール」を選択します。全画面モードにしている場合は、画面の上のほうをツンツンすればメニューが出てきます。

Parallels Toolsのインストール01a

[続行]をクリックします。

Parallels Toolsのインストール01b
STEP
端末の起動

「端末」を起動します。デスクトップの左下のアプリボタンをクリックしてから、「端末」のアイコンをクリックします。まだ日本語化していない場合は「Terminal」という名前です。

Parallels Toolsのインストール02
STEP
インストール

端末で次のコマンドを実行します。<ユーザ名>の部分はあなたのUbuntuのユーザ名に置き換えてください。

$ cd /media/<ユーザ名>/Parallels\ Tools/
$ sudo ./install

インストーラが起動するので[Next]を選択して space キーを押します。

Information on installing Parallels Tools is available in the installation guide supplied with this package. You can consult this document for assistance before continuing.
Parallels Tools のインストールに関する情報は、本パッケージに付属のインストールガイドに記載されています。続行する前に、このドキュメントを参照してください。

Parallels Toolsのインストール03a

実行中のアプリケーションを終了して[Next]をクリックします。

You are about to startinstalling Parallels Tools. Please save your data and close all running applications as X server restart is possible, which may cause data loss.
Parallels Tools のインストールを開始します。X サーバの再起動によりデータが失われる可能性があるため、データを保存し、実行中のアプリケーションをすべて終了してください。

Do you want to poceed to installing?
インストールに進みますか?

Parallels Toolsのインストール03b

なかなかインストールしてくれませんがこれが最後です。[Next]をクリックします。

You need to install the following components before you can proceed:
– gcc
– make
– dkms
– libelf-dev
Dou you want to install them now?
事前に以下のコンポーネントをインストールしておく必要があります:
今すぐインストールしますか?

Parallels Toolsのインストール03c

ダウンロードとインストールが始まります。

Parallels Toolsのインストール03d

インストールが終わったら[Reboot]をクリックして仮想マシンを再起動してください。

Congratulations!
おめでとうございます。
You have successfully completed installing Parallels Tools for Linux.
Parallels Tools for Linux のインストールは完了しました。
Prease restart your virtual machine.
仮想マシンを再起動してください。

Parallels Toolsのインストール03e

デスクトップの日本語化

STEP
Settingsを開く

デスクトップの右上をクリックして「Settings」を選択します。

デスクトップの日本語化01
STEP
言語のインストール

「Region & Language > Manage Installed Language」をクリックします。

デスクトップの日本語化02a

[Install / Remove Languages]をクリックします。

デスクトップの日本語化02b

「Japanese」を選択して[Apply]をクリックします。

デスクトップの日本語化02c

Ubuntuユーザのパスワードを入力して[Authenticate]をクリックします。

デスクトップの日本語化02d

言語がインストールされるのでしばらく待ちましょう。

デスクトップの日本語化02e
STEP
言語の変更

「Region & Language」に戻って[Language]をクリックします。

デスクトップの日本語化03a

「Japanese」を選択して[Select]をクリックします。

ここで「Japanese」が表示されない場合は、一旦Settingsを閉じてから開き直してみてください。

デスクトップの日本語化03b
STEP
フォーマットの変更

「Region & Language」の[Formats]をクリックします。

デスクトップの日本語化04a

「Japan」を選択して[Done]をクリックします。

デスクトップの日本語化04b

設定を反映させるために再起動します。[Restart]をクリックしてください。

デスクトップの日本語化04c
STEP
フォルダーの名前

再起動すると、標準フォルダーの名前を変更するか聞かれます。お好きなほうを選んでください。

CUIでゴニョゴニョする時の利便性を考えて、私は英語のままにしています。

デスクトップの日本語化05
STEP
タイムゾーンの設定

ついでにタイムゾーンの設定もしておきましょう。「設定」の「日付と時刻」を開いて、タイムゾーンを「JST (Japan, Tokyo)」にします。

デスクトップの日本語化06

キーボードまわりの設定

日本語キーボードの英数かなキーで、英数とかなの切り替えができるようにします。

STEP

デスクトップの左下のアプリボタンをクリックしてから、「Mozcの設定」のアイコンをクリックします。

キーボードまわりの設定01
STEP

「一般」タブの「キー設定 > キー設定の選択」の横にある[編集]をクリックします。

キーボードまわりの設定02
STEP

次の項目のコマンドを修正して[OK]をクリックします。

モード入力キーコマンド
変換前入力中Hiraganaひらがなに入力切替
変換中Hiraganaひらがなに入力切替
入力文字なしHiraganaひらがなに入力切替
変換前入力中MuhenkanIME を無効化
変換中MuhenkanIME を無効化
入力文字なしMuhenkanIME を無効化
キーボードまわりの設定03

ウェブブラウザChromiumのインストール

Google Chromeをインストールしたかったのですが、Linux向けのARM版Chromeがないので、代わりにChromiumをインストールします。Chromiumはオープンソースのウェブブラウザで、Google Chromeはこれを元に開発されています。

「端末」を開いて、次のコマンドを実行します。

$ sudo apt install -y chromium-browser

さいごに

安心と信頼のParallelsですから、動作のスムーズさには何の問題もありませんでした。サーバ用途ならば無料で使えるUTMでもぜんぜんOKなのですが、デスクトップ環境で使うならばParallelsをおすすめします。

Parallelsの購入を検討される場合はお得な記事をどうぞ。

でわでわ

ParallelsでMacにUbuntuをインストール

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね

コメント

コメントする

目次