Parallels のサイバーマンデー 25% OFF 12月5日まで安く買う方法

VMwareでM1 MacにWindows 11をインストール (Tech Preview 21H1)

VMwareでMacにWindows 11をインストール

仮想化ソフトVMware Fusionを使ってM1 MacにWindows 11をインストールしていきます。

VMwareもWindows 11も開発者向けのものを使用するので機能面での制約はありますが、UTMと比べてどうなのかという検証の意味も含めてやっていきます。

こっちのが新しいよ

VMware Fusion 13 (正式版)にインストールした記事はこちらです。

環境
  • Mac mini (M1, 2020)
  • macOS Monterey
  • VMware Fusion Public Tech Preview 21H1
  • Windows 11 Insider Preview 22621.1 (ni_release) arm64

VMware Fusionのインストールがまだの場合はこちらをどうぞ。

Windows 11のインストールディスクの作成は下記の記事で解説しています。

目次

仮想マシンの作成

STEP
インストール方法を選択

VMware Fusionを初めて起動すると次のウインドウが開きます。2つ目以降のバーチャルマシンを作成する場合はメニューの「ファイル > 新規」でこのウインドウが開きます。

「ディスクまたはイメージからインストール」を選択して[続ける]ボタンをクリックします。

仮想マシンの作成01
STEP
新しい仮想マシンを作成

Windows 11のインストールディスクイメージ(ISO)をドラッグ&ドロップして[続ける]ボタンをクリックします。インストールイメージの作成方法はこちらで解説しています。

仮想マシンの作成02
STEP
オペレーティングシステムの選択

「その他 > その他の64ビットARM」を選択して[続ける]ボタンをクリックします。

仮想マシンの作成03

現在のところ、VMware Fusion Public Tech PreviewはWindowsのインストールに対応していません。正式に対応した暁には、ここで「Windows」を選択できるようになるものと思われます。たぶん。

STEP
終了・名前の変更

[終了]ボタンを押す前に[設定のカスタマイズ]ボタンを押してください。

仮想マシンの作成04a

名前をわかりやすいものに変更しましょう。変更したら[保存]ボタンを押して、さらに[終了]ボタンを押します。

仮想マシンの作成04b
STEP
プロセッサ、メモリ、ディスクの設定

Macのシステム環境設定に似たウインドウが現れます。

仮想マシンの作成05a

「プロセッサとメモリ」をクリックして、仮想マシンに割り当てるCPUのコア数とメモリ容量を設定します。ホストマシンに搭載されているCPU、メモリの半分くらいにするのがセオリーです。256MB(推奨)と書かれていますが、これは罠です。騙されるな!

仮想マシンの作成05b

「ハードディスク」をクリックして、ディスクサイズを設定します。Windows 11のシステム要件は64GBなので64GB以上にしましょう。[適用]ボタンを忘れずに押します。

仮想マシンの作成05c
STEP
vmxファイルの修正

仮想マシンの作成が終わりましたが、このままではCD/DVDを認識しないため、仮想マシンの設定ファイルを修正します。

まず、VMware Fusionを終了します。次にFinderで仮想マシンのファイルを右クリックして「パッケージの内容を表示」を選択します。仮想マシンのファイルはユーザディレクトリ下の「仮想マシン」フォルダの中にあります。

vmxファイルの修正01

拡張子が .vmx のファイルを見つけてテキストエディットで開きます。

vmxファイルの修正02

guestOS = "arm-other-64" と書かれている行を見つけて guestOS = "arm-windows11-64" に修正して保存します。

vmxファイルの修正03

Windows 11のインストール

STEP
インストーラの起動

VMware Fusionを起動してウインドウの再生ボタンをクリックします。

Windows 11のインストール01a

「Press any key to boot from CD or DVD …」と表示されたら適当なキーを押してください。

Windows 11のインストール01b
STEP
レジストリの設定

しばらくするとインストーラが起動します。ここで[次へ]ボタンを押さないでください。

Windows 11のインストール02a

このままインストールを進めると、システム要件を満たしていないためインストールが途中で止まってしまいます。

インストール時のTPM 2.0セキュアブートのチェックを回避するためにレジストリを修正します。ここが今回最大の山場です。ちょっとややこしいけど乗り切りましょう。

shift + fn + F10 でコマンドプロンプトを開きます。そして regedit と入力して return キーを押します。

Windows 11のインストール02b

レジストリエディターが起動したら、左カラムの「HKEY_LOCAL_MACHINE > SYSTEM > Setup」を開きます。「Setup」を右クリックして「新規 > キー」を選択します。

Windows 11のインストール02c

「新しいキー #1」という名前のフォルダができるので「LabConfig」という名前に変更します。

Windows 11のインストール02d

「LabConfig」を右クリックして「新規 > DWORD(32ビット)値」を選択します。

Windows 11のインストール02e

右側のフィールドに「新しい値 #1」ができるので名前を「BypassTPMCheck」に修正します。「BypassTPMCheck」をダブルクリックして「値のデータ」「1」に変更して[OK]ボタンをクリックします。

Windows 11のインストール02f

同じ要領で「BypassSecureBootCheck」というDWORD値を作成して値のデータを「1」に変更してください。

できたら、レジストリエディターを終了し、さらにコマンドプロンプトも終了してください。右上の「x」で終了できます。

Windows 11のインストール02g

はい、大仕事を終えました。ビールでも呑みましょう。未成年のあなたはバャリースオレンヂをどうぞ(旅館かよ)。

STEP
インストール開始

インストーラに戻って[次へ]ボタンをクリックします。

Windows 11のインストール03a

「今すぐインストール」をクリックします。(この画面必要?)

Windows 11のインストール03b
STEP
Windowsのライセンス認証

プロダクトキーがあれば、プロダクトキーを入力して[次へ]ボタンをクリックします。

プロダクトキーがなければ、「プロダクトキーがありません」をクリックします。

Windows 11のインストール04
STEP
エディションの選択

この画面が表示された場合はインストールするエディション(HomeまたはPro)を選択します。

インストールイメージを作成するときに選択済みの場合は、この画面は表示されません。

Windows 11のインストール05
STEP
適用される通知とライセンス条項

ライセンス条項をよく読んで、チェックボックスにチェックを入れ、[次へ]ボタンをクリックします。(ただしライセンス条項を読まなくてもインストールは可能です。)

Windows 11のインストール06
STEP
インストールの種類を選んでください

下の「カスタム」をクリックします。

Windows 11のインストール07
STEP
Windowsのインストール場所を選んでください

そのまま[次へ]をクリックします。

Windows 11のインストール08
STEP
Windowsをインストールしています

Windowsのインストールが始まります。しばらく待ちましょう。インストールが終わると自動的に再起動します。

Windows 11のインストール09
STEP
国または地域はこれでよろしいですか?

日本でよければ[はい]をクリックします。

Windows 11のインストール10
STEP
これは正しいキーボードレイアウトまたは入力方式ですか?

[はい]をクリックします。

Windows 11のインストール11
STEP
2つ目のキーボードレイアウトを追加しますか?

[スキップ]します。

Windows 11のインストール12
STEP
ネットワークに接続しましょう

[次へ]ボタンがグレーアウトしていて先へ進めません。

この仮想マシンは現時点ではインターネットに接続していないためです。ネット接続をしていなくても設定を進められるようにしましょう。

Windows 11のインストール13a

shift + fn + F10 でコマンドプロンプトを開きます。oobe¥bypassnro と入力して return キーを押します。

Windows 11のインストール13b

インストーラが再起動して、国の選択からやり直しになります。

STEP
ネットワークに接続しましょう(再)

もう一度ネットワーク接続の画面にたどり着くと、今度は「インターネットに接続していません」のリンクが表示されています。いえーい。クリックしましょう。

Windows 11のインストール14a

それでもネットに接続することを勧められます。しつこい。「制限された設定で続行」をクリックします。

Windows 11のインストール14b
STEP
このデバイスを使うのは誰ですか?

Windowsにサインインする時の名前を入力します。

Windows 11のインストール15a

パスワードを入力します。

Windows 11のインストール15b

もう一度入力します。

Windows 11のインストール15c
STEP
ここでセキュリティの質問を追加します

セキュリティの質問を選択して答えを入力します。3つ設定する必要があります。

Windows 11のインストール16
STEP
デバイスのプライバシー設定の選択

プライバシーの設定です。お好きなように選択して[同意]ボタンをクリックしてください。

Windows 11のインストール17
STEP
インストール完了

「これには数分かかる場合があります。」と言われますが、意外とかからなかった印象(※個人の感想です)。

Windows 11のインストール18a

無事インストールが完了すると、デスクトップにスタートメニューが開きます。

Windows 11のインストール18b

ネットワークの設定

正式版のVMwareではVMware Toolsというソフトウェアをインストールすることによって、ゲストOSでインターネット接続ができるようになるのですが、このTech Preview版ではVMware Toolsが用意されていません。

とはいえ、インターネットに接続できなければWindowsなんてただのゴミです(言い過ぎ)。安心してください、ネット接続ができるようになる魔法があるんです。

スタートボタンを右クリックして「Windows PowerShell (管理者)」を起動します。インストールしたWindowsのバージョンによっては「Windows ターミナル (管理者)」かもしれません。

ネットワークの設定01

確認画面が表示されたら[はい]をクリックします。

ネットワークの設定02

PowerShell(コマンドプロンプト)が起動したら、次の魔法を唱えます。

bcdedit /debug on
bcdedit /dbgsettings net hostip:10.0.0.1 port:55555
shutdown -r -t 0
ネットワークの設定03

Windowsが再起動します。起動時にパスワードの入力を求められるのでMacの管理者パスワードを入力します。

ネットワークの設定04

以上でインターネット接続ができるようになりました。

さいごに

Tech Preview版なのでまだまだ不便な点はありますが、一度インストールしてしまえばとてもスムーズに動作しました。正式版の登場が待ち遠しいですね。

最後に、ベンチマークソフト Geekbenchのスコアです。

VMware上のWindows 11
【比較用】UTM上のWindows 11
【比較用】ホストマシンのMac

Parallels DesktopにWindows 11をインストールした記事もあわせてどうぞ。

でわでわ

VMwareでMacにWindows 11をインストール

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね

コメント

コメント一覧 (2件)

  •  昨日、VMware Fusion 22H2 Tech PreviewでWindows11のインストールを試みましたが、途中でターミナル画面になり、「ipv4……」とかの画面でストップします。どうすればインストールが完結できるか、プレビュー記事などを掲載してお教えいただけませんでしょう?
     Mac歴は20年くらいありますが、専門家でなくターミナルなどは扱えません。
     ご多忙とは存じますがお願いを申し上げる次第です。

    • 「Press any key to boot from CD or DVD …」と表示された後ですよね。
      「ipv4…」の表示が出る前に、すばやく何らかのキーを押してください。それだけです。

      あと、22H2 に Windows 11 をインストールする記事を現在執筆中で、明日か明後日にはアップできると思いますので、よろしければそちらもご覧ください。

      追記: Tech Preview 22H2 に Windows 11 をインストール記事出来上がりました。
      https://oopsoop.com/windows-11-on-mac-using-vmware-22h2/

コメントする

目次